フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

イチゴ時計ブログパーツ

ブログパーツ

  • いくつかな♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

しかく!!

かなり前から不思議に思ってたことがあって、
それは、カノンのアゴの白毛の生え具合。

先日、分かりやすい写真が撮れたので披露しちゃうけど、
口元の曲線に沿ってじゃなくて、四角く白くなってるんですよね〜


Img_0065

もしかして???

この白い部分から下がアゴで、上がクチになるのかも!?
ってことは、境界線の意味合いがあったりして〜〜


なんて解釈してみたけど、最初は下アゴだけだったのに、
最近では上のモフモフ部分にもチラホラ見え始め、
横に広がりを見せそうなところをみると、関係ないかな。。(^_^;

まんまる??

それは今朝の散歩の時のこと。

たまーに会う方に
「このコ(カノン)、まんまるですよね〜」
と言われてしまった!


今朝は寒かったから、セーターを着せてたけど、
ダブダブしているなぁと気になってたけど、
まんまる!?

その場では「えぇ、まぁ、アハハ〜」とかなんとかやり過ごしたけど
まんまるってことはないでしょ!!きっとセーターのせいよ!!
と納得がいかないワタクシ。。。


でも、自分でもダブダブ加減が気になってたこともあるし、
即刻お直し。


お腹の部分だけに市販のギャザーテープを縫い付けて、、、と。


Img_0068

うーん、思ったよりピタッとフィットしなかったけど
今朝よりはマシかな。。。


Img_0073

Img_0074


これでも「まんまる」って言われたら、
カノン自身のせいってことだわね。笑

バンザーーーイ♪♪

先週の金曜日、カノンのおできの様子を診てもらいに
動物病院へ行ってきました。

前にUPした通りのペッタンコな状態で、果たしてどんな診断が下るのかと
ドキドキしながら診察を受けたら、あっさりと


「炎症も球腫も治ってますね」


と言われ、ビックリ!!!


Img_0044

ウラランが皮膚組織球腫をやった時は、
かなり大きくなるけど放っておいても大丈夫と言われ
本当に大きく育ったんですよね。


だから、てっきり、
炎症は消えたけど、このあと球腫が育つ
と思い込んでいたワタシ。。。
だって、前回、あんよの場合、治りきらずに切除することもあると聞いていたし、
まさか薬を飲んで消えるとは思ってなかったし。


Img_0047


聞いてみたら、球腫も大きさは様々で、時々、
気づかないまま治ってる場合もあるんだとか!
なまじ、ウラランがやっていたから、また同じような経過を
辿るものだと思っていたわ。。。

ともかく、あっけないけど、治療もこれで終了!
ヨカッタ、ヨカッタ〜〜


Img_0048

ただひとつ。。。

おできがあった場所、まあるくなってる部分は
もしかしてこのままかも。。。

Dscn7163

というのも、炎症のせいで、毛根がやられた可能性があって
そうなると毛が生えてこないんだって。
ま、指の脇なら目立たないから全然気にならないですけどね。

しかし、これからもポチッと出来るたびに右往左往するんだろうなぁ。
パグ飼いの宿命と思うしかないかな。。


御岳山でやりたかったこと。

少し間が空いてしまいましたが、「冬の御岳山歩き」の続きです。

来た道を戻るか、未知の道(シャレじゃないですよ〜)へ進むか。。。
戻るのは完全にずーっと登り、でも分かっている道。
先へ進むのは、地図がないワタシたちには不安材料でもあり。
ちょっと迷ったけど、ここはやっぱり登山道を歩いてみたい!の気持ちが強く、
先へ進むことにしました。

ちょっと不気味に写っちゃったけど「お浜の桂」という木。


Img_9942


そして、すぐに「綾広の滝」が現れました。

Img_9943

ここでは全然気づかなかったんですが、水場があるようで
帰りによった「ワンコOK」のお土産屋さんで休憩した時のコーヒーは
ここのお水で淹れてるそうです。
それを聞いたからというわけじゃないけど、ホント、美味しかったですよ。


そして、不安だった「登山道」
これが想像していたのとは大違いで、全く険しいことはなく
むしろ気持ちいい山道といった感じで楽しく歩けました♪♪

視界が開けて、ワァ〜〜って思ったり、


Img_9947


遠くに山々が見えて、やっぱりワァ〜〜って思ったり。笑

Img_9952


パグズたちも、飛び石とか階段とかハードな場所では必死だったけど、
落ち葉や木の根っこに安心したのか、ニオイ嗅ぎにいそしんだり。

Img_9948


でも、考えてみればワタシだって、
階段だったら、ヒィヒィいいながら登るしかないけど、
平坦な場所だったら空や草花、周りの景色を見ながら
一息ついたり、写真を撮ったりなんてするし
結局のところ、ウラカノもワタシも一緒なのかも。


ゆるゆると、楽しいなぁ、気持ちいいなぁと登りながら
あっという間に「天狗の腰掛け杉」へ。


Img_9956


何が「腰掛け」なのかというと、
1本の枝が、グググイーンと曲がってるんですよね〜

Img_9955

そして間もなく、展望のいい長尾平へ到着。
すぐ手前にもいくつかベンチやテーブルが点在して
休憩するのにはちょうどいいけど、もっと奥に進んでみたら
東屋もあって眺望がよく、ここでランチにすることにしました。


Img_9966


やっぱり冬なんだなぁと思ったのが、空気が澄んでいるせいか
かなり遠くまで見えること。
望遠で撮ってみましたが、左はスカイツリー、右は新宿の高層ビル群です。

Img_9962

そして、ようやく今回のタイトルにたどり着くわけですが、、、


分かりにくいかもしれませんが、
御岳山じゃなくてもよかったんだけど
「山でランチを作る」がしたかったんです〜〜

Img_9965


今回は、マルタイの棒ラーメン。
もちろん、現地でいきなり作ったわけじゃなく
自宅のバルコニーで練習したんですけどね。汗

(イメージ)
Img_9694


これが、ちょっと日陰で寒かったというのもあって
本当に美味しかった!!!
(そして、急遽買ったモンベル帽子も役に立った!笑)


初めての山ゴハンに大満足して下ってきて、
案内板で今日のコースを再確認してみると、左上の辺りを
チョコチョコっと歩いたようですね。


Img_9979

最後にケーブルカーでの様子を。
ペットは乗る場所が決まっていて、進行方向後ろ側の入口あたりが指定席。
(つまり登りと下りとでは、場所が違う)

Img_9994


空いていたので、他に気遣いなく悠々と乗ることが出来ました。
でも、土日とかは結構混んでるかもしれないですね。

Img_9988


オマケ☆

ワンコOKのお土産屋さんでケーキとコーヒーを頼んだ時のこと。
まず、最初にお茶と、お茶請けに漬け物2種類と、さしみこんにゃくが出てきて、
その後、コーヒーを頼んだからか、今度はお菓子3種類が登場!!
その多さにビックリしたけど、どれも美味しくてその中の2種類を購入。


Img_0006

お茶請けたちの写真を撮らなかったことと、
大好きなのに、ナゼかさしみこんにゃくを買わなかったことが後悔。。。
また御岳山へ行ったなら、また寄ってしまいそうです♪

皆既月食と、おできの経過

御岳山記事の途中ではありますが。。。

夕べの皆既月食、キレイに見えましたねー!
いつも早寝のワタクシですが、途中までなら起きていられるかと
ベランダに出て撮影に挑戦してみました。

まず、欠け始め。
まだ月の光が煌煌としていて明るかったです。

Img_0010

それから50分後くらい。


Img_0014


もうそろそろ見えなくなるかなと、もう一度出てみました。
肉眼ではかなり細い三日月に見えたんですけど。。


Img_0018

後の2枚のときは、シャッタースピードが遅くて、
何回かチャレンジしたけど、どうしてもブレてしまった。
三脚を使ったのに、、、です。
問題は腕にありですね。(TへT)
寒いのでそんなに長く外にいなくて、ササッと写真を撮って
引っ込んじゃう程度でしたが、ワタシなりに天体ショーを楽しみました。


さてさて、カノンのおできの具合ですが、
薬を飲み始めて1週間後。

Dscn7153

炎症はすっかり引いた感じでペッタンコになりました。
そして、今日の様子。

Dscn7159

カメラの具合で今日の方が赤っぽく見えますが、
実際はあまり変わってません。
薬はあと1週間続くけど、果たして、変化があるかどうかは
微妙ですよねぇ。
すっかり消え去っていた!!なんて奇跡が起きないかしら。。。


冬の御岳山歩き

天気がよかった今週の月曜日。
前日まで、昭和記念公園にしようか御岳山にしようか迷ったけど
今年2回目の御岳山へGO!


今回は行きも帰りも「日出号」。


Img_9902

Img_9904


実はワタクシ、帽子を忘れたり(滝本駅のモンベルコーナーで買った)
地図が見当たらなくて焦ったり(車のトランクに置き忘れてた)
先が思いやられそうな感じでのスタート。
でも、ここは標識が要所要所に設置されていて
自分の行きたい場所さえ分かっていれば、迷うことはなさそう。
それにしてもね。。。


Img_9909


前回行った、七代の滝はスルーして、ロックガーデンへ。
後で出会った人に、滝が枯れていたと聞いて、行かなくてよかった〜〜って
つくづく思った。
だって、かなり下ったところにあるんだもん。
(ってことは、登りもツライ。。。)

Img_9916

と言いつつも、ロックガーデンへの道もゆるゆるとした下り。
途中にはこんな急坂があって、大抵の段差ならものともしないウラカノだけど、
さすがに抱っこしながら下ります。

Img_9919


ここが「ロックガーデン」という表示は見当たらなかったけど
多分このあたりがそうでしょう、という場所に出ました。


Img_9924


Img_9935


そして、くせ者だったのがこの飛び石。
カノンはどうも越えられなくてその度抱っこ。。。
ウラコは大丈夫だったんだけどね〜


Img_9931


Img_9932

「だってコワいもん」


Img_9936


Img_9940

御岳山って何回も来てるのに、ここまで歩いてきたのは初めて。
沢のおかげか、とっても気持ちいい場所でした。


この先の、御岳沢休養所でしばし休憩。
そしてこのあと、来た道を戻るか、先に進むか思案。
案内によると、来た道は遊歩道で、先は登山道とのこと。
登山道って??険しいの??
なんと言っても手元に地図がないのは不安材料。
でも、来た道を戻るということは、ほぼ登りは間違いなし。
ウラカノにオヤツをあげながら考えたのでした。


次回に続きます。

真似しなくていいのに。

月末は出勤日が多いワタクシ。
というのを言い訳にして、ちょっとケアを怠っていて
こんなのがカノンのあんよに出来ていたなんて気づかず。。。

Dscn7144

左後ろ足の指の脇。
プチッと赤いのは針を刺したせいです。
針生検したところ、炎症(膿)と、おそらく皮膚組織球腫であろうとの診断。


皮膚組織球腫。。。

懐かしいというのも変だけど、ウラランがやったなぁ〜
顔(鼻のあたり)だったから気になったよなぁ〜なんて、
思い出しちゃいました。。。

ただ、球腫と思われる細胞よりも炎症(膿)が多いので
まずは炎症を抑えるということで抗生物質を処方され
また2週間後に診断してもらうことになりました。


前にやった脂肪細胞腫の時とは違って
気になれば舐めたりできてしまう場所なのでどうかな?と思ったけど
そういうこともなく、いつも通りのカノンだけど、


Img_9892


診察台の上は苦手らしく、いつも爪を出来る限り出して
滑りに耐えてる、、、って感じだったけど、それでも立っていたのに、
今回は伏せをしてブルブル震え出しちゃったからビックリ!!

でも、画像診断が出るまで1度部屋を出て、しばらくしてから2回目に
台に乗った時は伏せはしてたけど震えてなかったし、
怖かったのか寒かったのか、それとも両方なのか。。。
うーん、よく分からん。。。


Img_9897

皮膚組織球腫とはいえ、ウラランの時のように
自然治癒で済めばいいんだけど、足先や耳の先は治りが遅く、
完全に治りきらないこともあるらしく、その場合は切除、、、
という、ちょっと怖い言葉にビビりながら帰宅してきました。

Img_9900
(近すぎて写真がボケボケ。。。)

とりあえず、2週間後。
もしかしてまた針を刺されちゃうかもしれないけど、
頑張るんだよ!
しっかし、妹分だからって同じ病気になることないのになぁ。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »