フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

イチゴ時計ブログパーツ

ブログパーツ

  • いくつかな♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

日常

ウラカノ危機一髪

最近、天候が不安定すぎてビックリしちゃうけど、
今日もお昼近くになって突然の雷雨がありました。

今朝は朝寝坊してしまって、ちょうど、その前くらいに
お散歩から帰ってきたところで、まさに間一髪セーフ!!

しかも、雷雨だけじゃなく、
「なんだか窓にビシビシ当たる音がすごいんだけど?」と思ったら
なんとヒョウまでも!!


Img_0610


さすがに窓を開けては撮らなかったので
余計なものが写り込んでいるけど、
みるみるうちに床が白くなっていきましたよ。


Img_0614

Img_0615


あまりの天気の変わりようにビックリ。
雷も近くに落ちたかも??というくらい激しかったけど、
幸いにもウラカノは怖がることもなく、少し体を起こす程度。


ちょっと鈍いのかもしれないけど、
こんな時はいいですね、それくらいの方が。
怖がってしまってかわいそうに思っても
こればっかりはどうすることもできないですからね〜。


Img_0613


それにしても、やっと1輪だけ咲いたバラ。
昨日はちゃんと上を向いてたのに、さっき見たら
下向き加減。。。
これもヒョウのせいでしょうね。
かわいそうに〜〜〜

昨日
Img_0608

今日
Img_0616


もう出番!

すっかり春らしくなってきたのはいいけど、
反面、困った問題も。。。

ウラランが鎮座していたこの場所に、


Img_0447


Img_0446


取って代わって現れたものは、コレ。

Img_0542

そう、クールボードです。
掃除機のヘッドに吠えまくってつきまとうカノンにとって、
そのあとは体がアッチアチ〜〜〜

Img_0543

いつも逃げようとするので、疲れて多少大人しくなることを願って
掃除機をかける途中で爪切りをしてるワタシにとっては
アッチアチの体を抱っこするハメにならないよう、
ウラランの爪を切っている間、クールボードで涼んでてもらえると
ありがたいんだけど、どうでしょうね〜


あれから1年、気づけば4年

少し前になるけど、今月1日はカノンが脂肪細胞腫の手術をした日でした。
日記を見て気づいて、まだ1年しか経っていないの!?というのが
正直なところ。
どういうわけか、もっと前だったような気がしていて。


パンダちゃんになって戻ってきた時のカノン。
Img_7785

でも、もちろん忘れているわけじゃなくて
体をナデナデしてて何か違和感があったりすると
もう、探して探して、撫でまくり状態!!
特に縫合した辺りは境目があって、それがポチっとおできのように
感じられるので今でもドキッとしてしまう。


Img_0310

そういえば、一度「再発疑い」があったけど、
とにかく1年は無事に終了〜
これからも何事もなく暮らしていけますように。


Img_0315

そうそう。
タイトルの「4年」は、ブログの年数。
ウラランのあれこれを綴りたくて始めたブログ。


さすがに最近はパピーのように突拍子もないことも
しなくなったというのもあるけど、
サボってばっかりでそのうち自然消滅しそうな気も
しないでもない、、、(^_^;


Img_0299


こっちはまだまだやってくれるけど。

Img_0304
カノちゃん、ウラランの顔に座ってないかい?

Img_0318
カノちゃん、文字が打てないよ〜〜〜

衣替え

日差しは春っぽくても、風が冷たくて
まだまだ冬のスタイルになってしまうけど、
こっちのふたりは、そろそろ春モードになってる模様。


Img_0137

そうです、換毛期です!!


ふたりで若干のずれがあって、ウラランが一足早く
そしてカノンも突入〜〜って感じです。

Img_0141


それを一番実感するのが、シャンプー後のドライヤーをかけるとき。
毛が舞い上がって、顔に張り付いて、こそばゆいのなんのって!!
そして、床に落ちた毛も、毛玉となって動いてたりして、
それをウラコが狙ってる感じが、また笑えたりするんですよね。


Img_0143


今年は寒さが長引いているけど、室内飼いのワンコたちには
あまり影響がないのかしらね〜?

Img_0148


アタシ待つわ

かなり以前に、カノンは掃除機のヘッドに執着して
吠えまくるという記事を書いたけど、
それは動いているヘッドでのこと。

掃除しているときにヘッドを交換してミニブラシを使っている時は、
当然ながらヘッドはその辺に放置してる。

そんな時でもカノンはここに。。。

Img_0184

「いつ動く?」


引いてみると、こんな感じ。


Img_0185

「もうそろそろ?」


あのー、本体はこっちなんですけど。


Img_0190


ヘッドが好きなのか嫌いなのかどうもよく分からないんだけど、
掃除機の置いてある場所へまっしぐらに走っていく姿は、
いつ見ても笑ってしまう。
戦いを挑んでるつもりなのかな?

Img_0188

「動くはず。。。」

動かぬなら 動くまで待つよ カノンより。


なんてね。。。
オソマツでしたぁ〜〜(^_^;

これも”パブロフ”?

あぁ、すっかり放置してました。
パスワードも思い出せないかも?と思ったくらい。。。(^_^;


最近、気づいたんですが、カノンはオヤツを食べた後に
たいてい、おチッコ(または大)をしてる気がします。
(いつもじゃないけど)


食べるってことで腸が動くのかもしれないけど、
かといって、朝ご飯や夕ご飯の時はそうでもないし。。。
これも条件反射なんでしょうかね〜??


Img_0168


まぁ、それはいいんだけど、その後すぐに
座っているワタシのところに来て
抱っこを要求するのはやめていただきたい。


座っている姿勢で抱っこする時は、
どうしてもオチリを支えるようにするので
お手手にチッコがついちゃうので!!!(TへT)

出てるからだと思ってたけど。

パグは目が出てるからケガが多い、、、とはよく言われることで、
実際ウラランったら4回もケガをしてます。


でも。。。


でも、ですよ。
この間、ふと思ったんだけど、ウラランはパグにしては鼻が高い方だから
そう見えるのかもしれないけど、あんまり目が出ている感じがしない。

Img_0144


どっちかというと、カノンの方がよっぽど出てる!
でも、ケガは1回もしてないんですよねぇ。
それも不思議。。。


Dscn7142

当時は、「目が出てるからケガばっかりするんだわっ」って思ってたけど、
クルクル回ったり、急に動いたりなど、
落ち着きがなかっただけなのかもしれないなぁ。


Img_0146

立ち姿

ウチでよく見る光景。
フェンスから先へは行けないので
キッチンで何かやってると気になるんでしょうね〜


Img_0158

ちなみに、この時は、とーさんが焼き芋を配給しようと
していたわけです。


お。カノンも同じ体勢をしましたよ。
しかし、、、

よーく見ると、微妙に違う。


Img_0156


ウラランは両前足がフェンスにかかってるのに対し、
カノンは片方の前足のみ。

胴が長いウラランは余裕だけど、ちびっこカノンは
両方のあんよは、かけられないのかも!?
直立っぽい姿勢にも、どことなく必死さが感じられて、
つい笑っちゃうのです。

カノンのひとりごと

Img_0105

「なんでこんな顔をしてるかというとね」


Img_0107

「あついの」


Img_0108

「あついのよ!!」


Img_0110

「ヤツはあつくないのか??」


カノちゃん、だったらそこからどけば?


Img_0115

「どいたよ」


Img_0116

「どいたけどさ」


Img_0127

「やっぱ、あちぃ〜」


そういうときは日陰にいかなきゃ。。。


Img_0131

「でも、ひだまり、だいすき♪」

バッタリで気づいたこと。

前回の記事の続きのようなものだけど、
カノンのバッタリ事件の詳しい話です。。。


ウラカノにオヤツをあげて、ワタシもホッと一息お茶でも、、、
と目を離した瞬間に、どうやら喉に詰まらせたようで。。。
ふと、見ると、カノンが固まってて、その後、横倒しにバッタリ!!!

Img_0084

ワタシ、もうビックリして「カノン!!」って叫んで、
でもその後、すぐに起き上がってケホケホっと咳込んだので
背中をバンバン叩いたら、何事もなかったかのような顔で
「オヤツは?」ってな感じでこっちを見てたし、
おまけに、他の誰もその現場を目撃していなくて
もしかして幻でも見ちゃった??って錯覚をしそうになるくらいに
ほんの一瞬の出来事だったんですけど。。。

Img_0088

想像するに、喉につかえてたオヤツが
バッタリの拍子に取れたのではないかと。。。
それにしても、真横に倒れるって初めて見た!!
立った状態で苦しそうに吐くそぶり、、、なんてのはあったけど。。。


Img_0094

それはともかく。


この一件で、そういえば、実家の近くの動物病院がどこにあるのかってことを
調べてなかったということに、今更ながら気づいたわけです。
家族に聞いてみても、動物を飼っているわけじゃないので
当然のことながら知らなくて。


今回は大事に至らなかったから良かったけど、
改めて、たとえ実家でも、出かける時は
出先の近くの動物病院を調べるべきだと痛感した事件でした。


Img_0100


より以前の記事一覧