フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

イチゴ時計ブログパーツ

ブログパーツ

  • いくつかな♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

動物病院、病気、ケガ

むむう〜、当てが外れた。。。

そろそろ行かなくてはと気がかりだった
8種混合ワクチンを接種しに動物病院へ。


病院で精魂尽き果てたらしいウラコ
Img_0647


いつも行っているM病院は、再診料が高く混んでいるのがネック。
前に偵察(?)を兼ねて診てもらったこともあるS病院は
それほど待たずに診てもらえるし再診料も安いので
今回はそちらにしてみました。


病院疲れが顔に出てます
Img_0648

で、ついでにフィラリア予防薬もあと5ヶ月分をまとめて
いただいてこようと思ってて、無事ワクチン接種も終わり、
金額を教えてくれたのはいいけど、
1つあたりの金額がすごく高い!!!


錠剤タイプでM病院は、840円。
S病院は体重で料金が変わるようで、
ウラランが1470円(7〜10kg)
カノンが1260円(3〜6kg)
薬の名前が違うから、製薬会社が違うんでしょうね、きっと。


てっきり840円だとばかり思っていたので
あと5ヶ月分(2パグで10個)買う予定が
思わず「2ヶ月分で」と答えてしまった。。。(^_^;


でも、先に金額を教えてくれるなんて親切ですよね〜
最初に「5ヶ月分下さい」なんて言わなくてよかったわ。笑


M病院で処方
Img_0654


S病院で処方
Img_0653


左がウラコ分、右がカノン分で、ウラコは1回につき
2錠服用とのこと。

混合ワクチンの金額も同じ8種でも少し違っていて
(S病院の方が安かった)またまたビックリ!
いろいろなんですね〜


となると。。。


再診料のこともあり、かかりつけを変えようかな〜と
思ってたんだけど、フィラリア予防薬がネックになるとは。。。
2パグ分だとバカにならない金額だよなぁ〜と
またまた迷いが生じ始めたりして。


実は、去年くらいに割と近所に新しくできた病院もあり
行ってみたかったんですよね〜。
でも、病気じゃないと初診料も保険がきかないし、、、
(我ながらケチだと思うが)
と今回はやめたんですけど。。。


もちろん、安ければいいというものでもなくて
診察が丁寧とか、獣医師さんとの相性などあるし、
こればっかりは行ってみないと分からないし、
なかなか難しいですね、病院選びって。


ウラコを撮ってたのに邪魔しにきたカノン
Img_0651


オチリの向こうにウラコあり
Img_0652


春のイベント

今日はかなり久しぶりに朝から晴れ渡る青空!
しかも日差しも冬の柔らかさとは違って
力強さも感じられるくらい。

我が家のバルコニーの梅(鉢植え)も3日のひな祭りの時は
1輪しか咲いていなくてこんなつぼみだらけだったのに、


Img_0205


今日見たらこんな感じ。
残っているつぼみも一気に咲いてしまいそうな暖かさです。


Img_0240

花たちでも春を感じられますが、ペットを飼っているお宅では
これを見てもそう思うのでは??

Img_0208


いつも検査してもらっている病院では、3月中なら200円OFFなので
行って参りましたよ。
健康診断もセットにしたので、より結果が正しくなるようにと
朝ご飯も食べずに。。。

病院も久しぶりだし、血も抜かれちゃうし、
ウラコこの顔で、お疲れぶりが分かるかな??

Img_0227

カノンは、、、
疲れたんだろうけど、相変わらず大好きなガジガジを堪能中。

Img_0236


2人ともお疲れさま。
とりあえずイベントのひとつは終わったね。
あとは、狂犬病予防接種とワクチン接種かな。
春はワンコは注射が痛いけど、飼い主は出費が痛いです。(TへT)


Img_0237


バンザーーーイ♪♪

先週の金曜日、カノンのおできの様子を診てもらいに
動物病院へ行ってきました。

前にUPした通りのペッタンコな状態で、果たしてどんな診断が下るのかと
ドキドキしながら診察を受けたら、あっさりと


「炎症も球腫も治ってますね」


と言われ、ビックリ!!!


Img_0044

ウラランが皮膚組織球腫をやった時は、
かなり大きくなるけど放っておいても大丈夫と言われ
本当に大きく育ったんですよね。


だから、てっきり、
炎症は消えたけど、このあと球腫が育つ
と思い込んでいたワタシ。。。
だって、前回、あんよの場合、治りきらずに切除することもあると聞いていたし、
まさか薬を飲んで消えるとは思ってなかったし。


Img_0047


聞いてみたら、球腫も大きさは様々で、時々、
気づかないまま治ってる場合もあるんだとか!
なまじ、ウラランがやっていたから、また同じような経過を
辿るものだと思っていたわ。。。

ともかく、あっけないけど、治療もこれで終了!
ヨカッタ、ヨカッタ〜〜


Img_0048

ただひとつ。。。

おできがあった場所、まあるくなってる部分は
もしかしてこのままかも。。。

Dscn7163

というのも、炎症のせいで、毛根がやられた可能性があって
そうなると毛が生えてこないんだって。
ま、指の脇なら目立たないから全然気にならないですけどね。

しかし、これからもポチッと出来るたびに右往左往するんだろうなぁ。
パグ飼いの宿命と思うしかないかな。。


皆既月食と、おできの経過

御岳山記事の途中ではありますが。。。

夕べの皆既月食、キレイに見えましたねー!
いつも早寝のワタクシですが、途中までなら起きていられるかと
ベランダに出て撮影に挑戦してみました。

まず、欠け始め。
まだ月の光が煌煌としていて明るかったです。

Img_0010

それから50分後くらい。


Img_0014


もうそろそろ見えなくなるかなと、もう一度出てみました。
肉眼ではかなり細い三日月に見えたんですけど。。


Img_0018

後の2枚のときは、シャッタースピードが遅くて、
何回かチャレンジしたけど、どうしてもブレてしまった。
三脚を使ったのに、、、です。
問題は腕にありですね。(TへT)
寒いのでそんなに長く外にいなくて、ササッと写真を撮って
引っ込んじゃう程度でしたが、ワタシなりに天体ショーを楽しみました。


さてさて、カノンのおできの具合ですが、
薬を飲み始めて1週間後。

Dscn7153

炎症はすっかり引いた感じでペッタンコになりました。
そして、今日の様子。

Dscn7159

カメラの具合で今日の方が赤っぽく見えますが、
実際はあまり変わってません。
薬はあと1週間続くけど、果たして、変化があるかどうかは
微妙ですよねぇ。
すっかり消え去っていた!!なんて奇跡が起きないかしら。。。


真似しなくていいのに。

月末は出勤日が多いワタクシ。
というのを言い訳にして、ちょっとケアを怠っていて
こんなのがカノンのあんよに出来ていたなんて気づかず。。。

Dscn7144

左後ろ足の指の脇。
プチッと赤いのは針を刺したせいです。
針生検したところ、炎症(膿)と、おそらく皮膚組織球腫であろうとの診断。


皮膚組織球腫。。。

懐かしいというのも変だけど、ウラランがやったなぁ〜
顔(鼻のあたり)だったから気になったよなぁ〜なんて、
思い出しちゃいました。。。

ただ、球腫と思われる細胞よりも炎症(膿)が多いので
まずは炎症を抑えるということで抗生物質を処方され
また2週間後に診断してもらうことになりました。


前にやった脂肪細胞腫の時とは違って
気になれば舐めたりできてしまう場所なのでどうかな?と思ったけど
そういうこともなく、いつも通りのカノンだけど、


Img_9892


診察台の上は苦手らしく、いつも爪を出来る限り出して
滑りに耐えてる、、、って感じだったけど、それでも立っていたのに、
今回は伏せをしてブルブル震え出しちゃったからビックリ!!

でも、画像診断が出るまで1度部屋を出て、しばらくしてから2回目に
台に乗った時は伏せはしてたけど震えてなかったし、
怖かったのか寒かったのか、それとも両方なのか。。。
うーん、よく分からん。。。


Img_9897

皮膚組織球腫とはいえ、ウラランの時のように
自然治癒で済めばいいんだけど、足先や耳の先は治りが遅く、
完全に治りきらないこともあるらしく、その場合は切除、、、
という、ちょっと怖い言葉にビビりながら帰宅してきました。

Img_9900
(近すぎて写真がボケボケ。。。)

とりあえず、2週間後。
もしかしてまた針を刺されちゃうかもしれないけど、
頑張るんだよ!
しっかし、妹分だからって同じ病気になることないのになぁ。

継続なり。。

ウラコの耳の奥の赤み、まだほんのちょっと残ってたので
飲み薬は処方されなかったものの、塗り薬(オトマックス)は
1日1回続行することになりました。

Img_8613


塗ること自体はどうってことないけど、ふと気づくと
「ペロペロペロペロ、、、」って音がする!?

そうです、カノンが舐めてる音です。。。

Img_8621


ペロンの別名を持つ(?)カノンは、ウラランの顔を舐めることも多いんだけど、
薬が臭うんでしょうね、集中攻撃してるかのごとく、ペロペロ、、、(>_<)

気づいたらダメダメーーーって言って止めるんだけど、
そんなに物わかりがいい訳がない!!
ウラランも最近は慣れちゃったのか、あんまり逃げようとしないし。
困っちゃうんだよなぁ。。

Img_8762

(注☆今日の写真は使い回しです。。。)

原因は奥深かった。。

昨日、今日と雨のおかげで涼しいというより
薄ら寒いくらい。
でも、ここ定番のカノンのガハもなくて、
従って、定番の保冷剤入り手ぬぐいも巻かなくて済んでホッとします。

Img_8778


でも巻いてあった方が可愛かったりして。。(^_^;

さて、気になるウラランの耳の赤み。
獣医師さんは、「掻いてますね〜」と一言。
ワタシは単純に、赤いところがかゆいのかと思ってたけど、
耳の奥を診てもらったら、少し入ったところに
腫れた感じの赤い部分があって、どうやらそれがかゆくて
カイカイした結果ではないかという診断に。


Img_8765


抗生物質(リンコシン)とかゆみ止め(Temaril-P)の
飲み薬を処方してもらって、また経過報告と相成りました。。。


あ、今回はちゃんと薬の名前を聞いてきましたよ〜
病院によって、診療明細書に書いてあるところと
そうでないところがあって、ここは書かれてないんですよね。


しかも、アニ○ム提携じゃないのがネック。。
でも、皮膚科専門の獣医師さんがいるので
パグ飼いには必須だったりする。。


ま、レシートみたいな診療明細書だとしても
保険申請のためといって必要事項を書いてもらえたし、
要は自分が忘れなければいいってことね。。。

ちなみに、前回の耳の塗り薬はオトマックスでした。
オトマックスなら前に別の病院で処方されて塗ったことあるけど、
でも、今回のは前のよりベタベタした感じだったから
違うと思ったんだけどなぁ。。(^_^;

Img_8776

「かーちゃんも大したことないねぇ」


薬のせいじゃないと分かったので、塗り薬と飲み薬の
両方から攻めて、マラセチア&炎症を撃退できるといいな。


ついでのつもりがメインに?

ウラランは、もうだいぶ前から右肘のところに
イボのようなものがあって、ずっと平べったかったのが
ちょっと膨らんで来た感じがしたので、
先週、動物病院へ行ってきました。


結局、それ自体はいますぐどうこうというものではなく、
悪いものにも見えないということで、そのまま現状維持となって
ひとまず安心。

Dscn7013

ただ、ついでに診てもらった、
爪の1本の根元が赤くなってたことから端を発して、
足指部分の毛が若干薄くなってるのも、
また耳汚れやシワのカサカサも
マラセチアの仕業じゃないかとなり、耳は薬を塗布、
足指はマラセブというシャンプーをすることに。


このシャンプー、洗ったあとアワアワのまま
10分間そのままにするというものなんですが、
これがけっこう大変!!


何もしないで待つだけって、かなり時間が長く感じられるし
体を押さえてるから、自然、しゃがんだ格好になるから
足はしびれてくるし。。。
ウラランは足だけなのでまだいいけど、
もし全身するとなったら、かなりの重労働だなと思いましたよ。

しかも、強い薬剤なのか、渡された小冊子には
1日1回、その後は3日以上日にちをおくように、とか、
その他にも、飼い主は手袋をした方がいいとか、
ワンコが大量に舐めないようにとの注意書きが。。。
ホントは顔のシワにもしたいところだけど、獣医師さんも
「顔は難しいかなぁ〜」ってつぶやいてたし、
嫌がるのは目に見えてたので、今回はパス。


それはともかく、今、気になるのは耳の方。
ベタベタに見えるのは薬のせい。
また薬の名前を聞き忘れてしまったけど、かなり油っぽい感じ。


Dscn7011

赤くなったのは2日前くらいからなんだけど、
薬のせいなら耳の中の方まで全体に赤くなりそうだし、
おまけに片耳だけだし、ちょっとカイカイしたところがかぶれた?
という気がしないでもない。


どっちにしろ、明日は経過報告しに病院に行くので
要相談ってことですね。
あ、あと薬の名前をちゃんと聞いてこなくっちゃ。
このまま通院継続なんてならないといいんだけど。。。

一応、セーフ!

ワクチン接種で動物病院へ。
朝から雨降りだし、院長先生もお休みだし、
(院長は人気があるので、指名すると結構待たされます)
それほど混んでいないだろうと高をくくってたら、とんでもない!!


小さな病院ではあるけど、待合室で座れないくらい混んでて
あちゃー、、、って感じ。
ちょうど季節の変わり目だから
体調を崩しやすいとかあるのかしらね〜?


ま、それはともかく。
まずは気になるカノンのポチを診てもらったら。。。

Img_8137

「ドキドキしましたよ」


ちょうど縫合部分だったんだけど、
皮膚がくっつくときに多少盛り上がる場合があって、それではないかと。
切り傷なんかが治るとき、ちょっとケロイド状になる、そんな感じ。


もちろん、完全に再発じゃないとは言い切れないらしいけど
可能性としては低そうな印象でした。
やっぱり小さすぎて針生検できなかったけど、
もし今後大きくなってくるようだったらそのときに、ってことで
様子見になりました。

Img_8154


手術したばかりで過敏になってたのかもしれないけど
やっぱりいくら小さくても見つけるとドキッとしちゃいますね。。
とりあえず、今すぐどうこうという訳じゃなかったので
一安心かな。。


ちなみに、ウラランの耳ポチは平らになってきていたので
いつもの湿疹だったみたい。
どうやら今回はふたりとも大丈夫そうです。
心配してくれた皆様、ありがとうございました。


マットをはむはむしながら寝るウララン
Img_8146

そうそう!
今日は、カノンを手術してくれた獣医師さんを指名して
ウラランも一緒に診てもらったんだけど、
筋肉質なことにビックリされてましたよ。
そういえば、初めてだったんだけど
触った感じがカノンとは違いすぎるものね〜笑

気になる。。。

何日か前のことですが、急に気温が上がったら
家の中にいてもハァハァいっててビックリ。


Dscn6964


去年買った「着るだけで25℃の快適さ」のキャッチフレーズ(多分)の
洋服を着せても、あんまり効果は上がらず、


Dscn6966

保冷剤を巻き巻きしちゃいましたよ。

Dscn6967
ピントが合ってないのはスルーで。汗


急な暑さについていけないのは、ワタシだけじゃなく
ワンコも一緒なのね〜


ところで。。。

気になるのはそんなことではなく。


実は、先日の手術で縫い合わせた場所の付近に
ポチッとした手触りが。。。

Dscn6977

ちょうど中央あたりなんだけど、
写真では分からないくらい小さいもので
針を刺しての細胞診もできないだろうなぁと思われるくらい。


そして、カノンばかりでなく、ウラコまで耳裏にポチッと。。。

Dscn6982


むむむ〜〜〜ですよね。。。
週末にでも、混合ワクチンを接種しようかと思ってるので
そのときに診てもらうつもりだけど、診察結果が怖いような。。。
結局、よくあるポチッでした〜となりますように。